社会で役立つファイナンシャルプランナーの資格

ファイナンシャルプランナーの勉強の仕方

ファイナンシャルプランナーは、国家資格を有するライフプランニングに関する専門家として、様々な企業の間でニーズが高まっています。特に、保険会社や不動産会社、銀行などに勤務をしている人であれば、職場から資格を取得するように要求されることがありますが、市販品のテキストや通信講座などを利用しながら、自分に合った勉強法を探すことがおすすめです。
ファイナンシャルプランナーの検定試験に合格をするためには、知識や経験によっても異なりますが、半年以上の学習機関が必要となることもあり、近年の試験問題の傾向を把握しながら、じっくりと受験対策を立てることがポイントです。その他、受験者を対象とした様々な業界のセミナーなどに足を運ぶことも有効です。

ファイナンシャルプランナーの資格を取得する利点

ファイナンシャルプランナーの資格は、転職活動のアピール材料として有効に活用することが可能です。特に、大手銀行や保険会社においては、資格の有無によって採否が左右されることも少なくなく、中途採用の試験を受験するにあたり、しっかりと受験勉強に励むことが肝心です。
また、企業によってはファイナンシャルプランナーの有資格者を対象に特別の手当が支給されたり、昇進や昇格の際の基準となったりすることがあるため、業務の傍ら資格取得を目指すことも良いでしょう。もしも、ファイナンシャルプランナーの検定試験に短期間で合格をしたい時には、経験豊富な講師陣が在籍している予備校に通うことで、業務経験が浅い人であっても、合格に必要なポイントを効率よく把握できます。

ファイナンシャルプランナーの講座では、基礎から応用までを丁寧に学べるため、初心者でもスムーズに資格取得を目指せます。