相続税対策はできてますか?工夫で負担を最小限に!

相続財産を減らす生前贈与

生前贈与は、元気なうちに家族と話し合って相続を決める行いです。相続対象となる人が複数いる場合は、相続の分配を行っておいた方がトラブルも防げます。この相続分配で個々の相続税を減らすこともできるため、大きな成果が期待できます。相続は残された人の負担を大きくしてしまう要因にもなるので、生前贈与の取り組みが注目されています。

遺言書の作成は慎重に

遺言書は故人が亡くなった後に、故人のメッセージとして相続内容が明らかにされるものです。遺言書は生前のうちに行いますが、明らかな内容は死後にしか分かりません。遺言書は正式に作成されていれば効果は絶大ですが、相続人の反感を買うような内容ではかえって逆効果です。遺言書作成は弁護士などを通してアドバイスを受けたほうが、相続人も納得しやすくなります。遺言書を作成するなら、このようなプロに依頼すれば、無難な相続が実現できます。

相続を不動産として活用

相続はその評価を下げればかかる税金は減らせます。その1つの方法として不動産があり、土地を持っていれば不動産経営などを行うことで、発生する相続税もぐっと抑えられるのです。不動産経営はいろいろな方法があり、賃貸や駐車場などが挙げられます。これについて相談できるところも少なくないので、不動産経営は決して難しいことではありません。

不要な土地を持っている場合には、こういった対策は適しています。しかし、不動産活用を真剣に考えるのならば、いずれそれを引き継ぐ可能性のある家族に相談をしておくことが大事です。

相続税の税理士を埼玉で探す方法はおすすめです。相続税の問題を解決してきた事務所がたくさんありますので、実績を調べながら選ぶことができます。