声優はプロじゃなくても活動できる!ネットで受けられる声優の仕事

ネットで活躍するフリーランスの声優は多い

声優というと、テレビや映画などで活躍するイメージが強いですが、インターネットを中心に活躍している声優も少なくありません。こういった人たちはプロダクションに所属していないアマチュアやフリーランスが多いです。では、具体的な仕事の内容はどういったものなのでしょうか。

まず、仕事の受注は自分の個人サイトか、あるいはフリーランスの声優がプロフィールを登録できるサイトで行います。自分がどういった声を出せるのか、あるいはどういったキャラクターの声が得意なのかといったことを書いて、それを見て仕事を発注したいと考えた人が条件を書き送り、双方が納得すればマッチングが成立です。

同人ソフトのキャラクターボイスなどの仕事がある

仕事の内容ですが、たとえば同人ソフトのキャラクターボイスというのがまず挙げられます。同人ソフトというのは、ソフトウェア会社が家電量販店などで販売するソフトと違い、個人、あるいはアマチュアの団体が作って、ネットショップなどで販売するものです。制作費が非常に安いため、プロの声優には依頼することができず、ギャラの安いフリーランスの声優に頼んでくるわけです。

また、依頼する人が個人的に書いた文章を読むという仕事もあります。たとえば、彼女がいなくて寂しいという人が、女性声優に対して「おはよう」「おやすみ」「今日も頑張ってね」といったボイスファイルがほしいと頼み、それに応じるという形があります。いってほしい言葉を何度でも聞けるということで需要が高い仕事です。

声優の養成所は現在では非常に人気があります。声優と言う職業自体が人気ですが、職業に就くために必要なスキルが身に付きます。